子供にプログラミングを教えるならScratchがオススメ!

子供にプログラミングを教えるならScratchがオススメ!

2020年度、小学校でプログラミング教育が必修化されます。
またプログラミングにかかわる仕事も増えていくことでしょう。

将来に向けて子供に、プログラミングを教えたい親もいるかと思います。
しかし何から始めたらいいのか悩んでいませんか?

僕自身はWEB業界で働いていたので、プログラミングの必要性を肌で感じていました。

子供にプログラミングを教えるには、興味を持ってもらうことが大切です。

そこでオススメなのが、子供向けのプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」。
ここではScratchで学べることや、子供のプログラミング教育による効果について紹介します。

Scratch(スクラッチ)ってなに?

Scratchとは、マサチューセッツ工科大学で開発された教育用プログラミング言語です。

Scratchには、パソコンにインストールして使うバージョンと、WEBブラウザ(IEやGoogle Chromeなど)上で使うバージョンがあります。

どちらも無料で使用することが可能です。

Scratchなら簡単にプログラミングができる

Scratchの大きな特徴は、子供でも簡単にプログラミングできるように工夫されているところです。

Scratchの基本操作は、命令別に色分けされた「ブロック」を自由に組み合わせることで、プログラミングを体験することができます。

コードを書く必要がないので、コード入力のミスによって動作しないなどといったミスも発生しません。

また高度なプログラミングを実現するには、一般的なプログラミング言語と同じ考え方が必要となります。

そのためコードを書かなくても、プログラミングの仕組みや論理的な考え方を楽しく覚えることができるのです。

Scratchなら簡単にプログラミングができる

Scratchの操作画面

①ステージ
スクリプトの実行結果が表示されます。
「スプライト」と呼ばれるキャラクターが、スクリプトに従って動作します。②スプライト一覧
使用しているスプライト一覧が表示されます。

③ブロックパレット
ここに表示されているアイコンが「ブロック」です。
このブロックを組み合わせてスクリプトを作ります。

④スクリプトエリア
「ブロックパレット」にあるブロックを、このスクリプトエリアに配置することで、スプライトが動作します。
これがプログラムのコードとなります。

Scratchは子供向けのプログラミングとして最も普及している

Scratchは子供向けのプログラミングとして最も普及している

現在、子供向けのプログラミングツールとして普及しているのがScratchです。

子供同士でのプログラミングの見せ合いや、相談などといったコミュニケーション能力は、プログラミング教育で重要視されている要素です。

そのため普及しているプログラミングツールを使うことで、積極的にコミュニケーションの場が増えてるメリットがあります。

またScratchが、子供のプログラミング教育に選ばれる理由が3つあります。

  • プログラミングの敷居が低く簡単にはじめられる
  • プログラミングの知識が増えるとともに高度なプログラミングに対応できる
  • さまざまな分野のプログラミングに応用できる

もし、どのプログラミング言語からはじめればいいのか迷った場合は、Scratchを選んでおけば間違いないです。

Scratchでできること

Scratchを使用してできるプログラミングは次の通りです。

  • ゲーム
  • アニメーション
  • 音楽
  • シミュレーション
  • AR(拡張現実)

など、子供向けと思えないほど幅広いプログラミングを体験することができます。

さらに自分が作った作品をインターネット上で共有することも可能です。
もちろん他の人が作った作品も見ることができます。

作品を共有することで、作った人を尊敬する気持ちが生まれたり、その人のプログラミングから色々なこと学んだりすることができるのです。

まずはScratchで、プログラミングの仕組みや楽しさを体験して覚えさせましょう。

そして徐々に、本格的なプログラミング教育へと進めていくと、プログラミングの知識がスムーズに身につくかもしれません。

2020年度から小学校でプログラミング授業がはじまる

2020年度から小学校でプログラミング授業がはじまる

2017年に文部科学省が、2020年度から小学校でプログラミング教育を必修化することを公表しました。

一部の小学校では、いち早くプログラミングの授業を取り入れているところもあります。

また文部科学省では、プログラミングを導入する教科や内容が定められていません。

そのため学校ごとに、特徴的なプログラミング授業が増えていきそうです。

将来、プログラミング教育の内容で小学校を選ぶ日がくるかもしれませんね。

親にプログラミング知識がなくても大丈夫

「プログラミングの知識がないから、子供に教えられるか不安」と感じている親もいるかと思います。

しかし、親にプログラミングが知識がなくても心配する必要はありません。

現在では、Scratchのようにプログラミングの知識がなくても学べるツールが多くあります。

また子供向けのプログラミング教室なども、年々増えているので子供と一緒に学ぶ気持ちで取り組んでみるのもいいでしょう。

プログラミング教育で大切なことは、子供にプログラミングを体験させてあげることです。

プログラミングと言っても、言語や作るものよって仕様が異なります。

まずはさまざまなプログラミングを体験させて、子供が興味を示すプログラミングを見つけるといいでしょう。

子供のプログラミング教育によって期待できる効果

子供のプログラミング教育によって期待できる効果

プログラミングを体験することで、子供の成長を育てる効果がいろいろあります。

もちろんすべての子供が同じように成長するわけではありません。

しかしプログラミングの経験は、子供の成長に影響を与え、夢や目標が広がるはずです。

論理的な思考が身につく

プログラミングは、自分がイメージする動きを実現させるために、何度もトライアンドエラーを繰り返して作り上げていきます。

そしてプログラミング結果を振り返りながら、完成に向けて実践を繰り返す体験が「論理的思考」を育てていくのです。

たとえば勉強や遊びでも、知りたいことややりたいことがあれば、さまざまなことを考えながら行動します。

この「考える」ことが、論理的思考を育てるのに欠かせない要素なのです。

プログラミング体験は、「考える」ことが無数にあるので、プログラム経験の積み重ねが、子供に考える習慣を身につけさせてくれます。

創造力や表現力が身につく

子供はダンスや工作など、手を動かしたり、自分がイメージしたものを作るのが大好きです。

プログラミングは、自分が描いたイメージを自由に表現することができます。

また簡単な動きから、複雑な動きまでプログラミングの幅はかなり広いです。

そのためイメージしたい表現も向上し、創作活動もどんどん広くなっていきます。

コミュニケーション能力が育つ

プログラミングは同じソフトを使っても、子供によって出来上がる作品がすべて異なります。

子供はお互いに作った作品を見せ合ったり、わからないことがあれば教え合うことでプログラミングスキルが向上。
そして、自然とコミュニケーション能力が育っていきます。

プログラミング関連の仕事でも、1つの作品をチームで分担して作るので、コミュニケーション能力が不可欠です。

プログラミングは1人で黙々とするイメージが強いですが、チームで相談したり、上級者に質問するなどコミュニケーションをしながら進めていきます。

またプログラミング言語は世界共通なので、いろんな国の人たちとプログラミングを通じてコミュニケーションをとることも可能です。

正しい専門知識を身に付けさせたいならプログラミング教室で体験させよう

習い事としてプログラミング教室に通わす人も増えています。

子供にプログラミングを教えるのが不安な人や、しっかりと知識を身に付けてほしい人は、プログラミング教室に通わせるのがオススメです。

プログラミング教室に通うことで、プログラミングに詳しい人に直接質問することができたり、個々の子供のレベルにあった授業や教材を用意してもらえるメリットがあります。

また同じ年頃の子供がいるので、一緒に切磋琢磨しながらお互いのプログラミングスキルを高めあうことも可能です。

プログラミング教室はオンラインタイプと通学タイプがある

プログラミング教室も年々増えており、主に2つのタイプが存在します。

まず自宅のパソコンで学習する「オンラインタイプ」と、教室に通いながら学習する「通学タイプ」です。

どちらのタイプがいいというよりも、住んでいる地域によって使い分けるほうがいいでしょう。

プログラミング教室の数も全国的にみると、まだ少ないので自宅から通える人も限られています。

自宅近くにプログラミング教室がない場合は、オンラインスクールを選ぶことになります。

まずはいくつかの教室を体験して、子供にあったプログラミング教室を選んであげましょう。

オススメの子供向けプログラミング教室

ここでは、子供向けに特化したプログラミング教室を紹介します。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

授業形式 通学タイプ
対象年齢 小学生3年生~

「ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室」は、パソコン初心者から始められるプログラミング教室です。

オリジナルの教材を使用しながら、プログラムを作成できるレベルまで上達させることを目標としています。

また知的好奇心や、思考力を伸ばすためのカリキュラムが用意されているので、より「考える力」を育む環境が整っているのが特徴です。

体験授業」も実施しているので、まずは体験授業で子供にプログラミングを体験させてところから始めるのがオススメです。

こどもプログラミング教室の詳細を見る

D-SCHOOLオンライン

D-SCHOOLオンライン

授業形式 オンラインタイプ
対象年齢 小学生3年生~

「D-SCHOOLオンライン」は、自宅で楽しくプログラミングが学べるオンラインスクールです。

人気のゲーム「マインクラフト」を使用したプログラミング学習なので、子供も楽しく学ぶことができます。

自宅近くに、プログラミング教室がない人にオススメです。

いまなら、14日間の無料体験を実施しているので、この機会に子供にプログラミングを体験させるみるのもいいでしょう。

D-SCHOOLオンラインの詳細を見る

ナナイロプログラミングスクール

ナナイロプログラミングスクール

授業形式 オンラインタイプ
対象年齢 小学生4年生~

「ナナイロプログラミングスクール」は、プログラミングの専門家と教育家で開発した、独自のカリキュラムを使ったオンラインスクールです。

人気のプログラミングツール「Scratch」を使い、プログラミングに必要な基礎知識や、思考を組み立てる力を伸ばしていきます。

またオンライン形式なので、それぞれのペースで無理なく学習を進めることが可能です。

ナナイロプログラミングスクールの詳細を見る

まとめ

Scratchのメリット

  • ブロックを組み合わせるだけで簡単に動作する
  • 初級者から上級者まで幅広く対応している
  • 利用者が多く関連書籍も多く発売されている

Scratchは、初めてプログラミングに触れる子供に最適な教材です。

まずはプログラミングを面白さを知ってもらうことが、なによりも大切なことだと思います。

いきなり大人と同じような環境で教える必要はありません。

はじめは小さなことから始めて、少しずつ高度なことにチャレンジしていくようにしましょう。

Scratch公式サイト