ディーバイクミニは何歳まで遊べるの?ディーバイクミニを徹底調査

ディーバイクミニは何歳まで遊べるの?ディーバイクミニを徹底調査

こんにちは、田中デンチュウです。

突然ですが「ディーバイクミニ」ってご存じですか?ディーバイクミニは、「のりもの遊びでお子さまに成長をもたらす」というコンセプトで作られた子ども用の三輪車です。

1歳からチャレンジできるとあって大人気。1歳から遊べるディーバイクミニですが、何歳まで遊べるか気になりますよね?

ここではディーバイクミニの仕様を参考に何歳まで遊べるか調べてみました。
また実際に購入した感想も合わせてご紹介します。

ディーバイクミニを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ディーバイクミニは何歳まで遊ぶことができるの?

ディーバイクミニは何歳まで遊べるか気になりますよね?
ディーバイクミニを販売しているアイデスに問い合わせてみました。

ディーバイクミニは3歳未満まで遊べる設計になっている

回答によると、1歳~3歳未満で体重が20kg以下を前提に設計されているとのことです。
また身長目安もあって、こちらは75~95cmを基準としています。

とりあえず3歳になるまでは、安全に遊べそうなので長い間楽しめそうです。

1歳5ヶ月の娘に「ディーバイクミニミッフィー」を購入

1歳5ヶ月の娘に「ディーバイクミニミッフィー」を購入

僕の家にもディーバイクミニがあります。

母がクリスマスプレゼントとして、ミッフィーの洋服柄デザインの「D-Bike mini Miffy」を貰いました。

当時娘は1歳5ヶ月でしたが、花柄デザインに興味を持って、とても嬉しい表情をしてました。

最初は上手く乗りこなすことができなかった

はじめは自分でまたぐことができず、サポートが必要でしたが1~2週間過ぎたあたりから自分で乗るようになってビックリ。

またディーバイクミニに乗せても、足蹴りが上手くできずバックしてしまうありさま。それでも楽しそうに遊んでいたので、プレゼントしてもらって良かったです。

1歳6ヶ月になると、上手に足蹴りしながら前進するようになりました。

ディーバイクミニに乗り始めて2ヶ月後で乗りこなす

ディーバイクミニに乗り始めて2ヶ月後、すっかり乗りこなして毎日楽しそうに運転しています。

またディーバイクミニで足蹴りできたおかげて、よく見かける車の足蹴りおもちゃも難なく乗りこなすように。

ディーバイクミニに乗れるようになると、他の乗り物おもちゃもスムーズに乗りこなせるようになるようです。

ディーバイクミニのメリットとデメリット

ディーバイクミニのメリットとデメリット

ディーバイクミニも、すべてが優れているワケではなく、もちろん一長一短があります。

僕自身が感じたディーバイクミニのメリットとデメリットをあげていきます。

ディーバイクミニのメリット

ディーバイクミニを試して感じたメリットは次の通りです。

本体がコンパクトで部屋に置いても邪魔にならない

ディーバイクミニの本体は、軽量でコンパクトです。
そのため部屋に置きっ放しでも、意外と邪魔にならず助かっています。

またリビングに置いておくことで、子どもが自発的に乗り降りするので、子どもの成長役立っています。

デザインがオシャレだからインテリアにもなる

ディーバイクミニは、丸み帯びたフォルムと優しいカラー、そしてデザインが優れています。
なので、リビングに置いておくとちょっとしたインテリアにもなるんです。

来客があっても片付けはしていません。
ほとんど人がディーバイクミニを見て、「かわいい」と言って興味を持ってくれます。

床蹴り前進の上達が早い

ディーバイクミニを購入したとき、娘は1歳5ヶ月でした。
もちろん自分でまたぐことも、前へ進むこともできない状態。

娘の前で乗り方を実演で見せたあと、2週間後ぐらいで床蹴りしながら前進できたんです。

おそらく車タイプの乗り物おもちゃと違い、股が大きく広がることがないため、足に力が入れやすいからかもしれません。

さらにディーバイクミニに乗れると、車タイプの乗り物おもちゃも、練習しないで床蹴り前進して遊べました。

バランス感覚が身につく

ディーバイクミニは、三輪車タイプの乗り物なので、左右に対して若干の不安定さがあります。
そのため繰り返し乗ることで、自然とバランス感覚を身につけていきました。

はじめは上手く重心をコントロールできず、上手に乗りこなすことができません。
しかしディーバイクミニを乗るたびに、上手くなるんです。

多少グラついても、グッとこらえてバランスを取っているので、自然とバランス感覚が養われていきます。

子どもの成長を身近に感じることができる

1歳5ヶ月の娘は、ディーバイクミニをすぐに乗りこなすことができませんでした。
しかし何度もめげずに挑戦する姿を見ると、胸が熱くなります。

また昨日できなかったことが、今日できたという場面を多く見るようになりました。

ディーバイクミニのおかげで、毎日娘の成長を感じています。
この体験は本当に嬉しいです。

ディーバイクミニのデメリット

ディーバイクミニを試して感じたデメリットは次の通りです。

左右に対して若干不安定さがある

車タイプの乗り物おもちゃと比較すると、ディーバイクミニは三輪車対応なので、左右の傾きに対して若干不安定さあります。

ディーバイクミニは前輪が2輪、後輪が1輪となっているので、少しでもムリに曲がろうとするとよく後輪から倒れることがありました。

しかしこの不安定さによって、バランス感覚が身につきやすいとも言えます。

何回か乗ると、子どもはすぐに適応するので、あまり気にするほどのデメリットではありません。

やわらかタイヤでもフローリング上だと振動が気になる

ディーバイクミニのタイヤは、床を傷つけないようやわらかい素材でできています。

そんなタイヤでも、フローリング床の上を走ると多少振動音が気になりました。

リビングでは一面クッションマットを敷いているのですが、その上では振動音もなく、スムーズに走っています。

もし下の階に人が住んでいる場合は、防音対策としてクッションマットを敷くといいかもしれません。

ディーバイクミニは外遊びでも使用可能

ディーバイクミニは外遊びでも使用可能

ディーバイクミニは、室内だけでなく外で遊ぶこともできます。

芝生が生い茂った公園や、ちょっとした広場などでも楽しく乗って遊ぶことが可能です。

ただしディーバイクミニのタイヤは、床を傷つけないようやわらかい素材でできています。

そのため砂利道やタイル床などで、激しく乗り回すとタイヤに傷がつくので、そのあたりを理解したうえで遊ぶといいでしょう。

室内外ともに使うより、2歳になるまでは室内用として遊び、2歳以降は外遊びが多くなるので外遊び用として使うといいかもしれません。

ディーバイクミニで外遊びをするときの注意点

ディーバイクミニを外で使うときの注意点も、アイデスに問い合わせて確認しました。

外遊びの注意点

  • 外での使用後はしっかりとタイヤの汚れを拭き取る
  • タイヤに異物が刺さっていないかチェックする
  • 砂場や水たまりでの使用は避ける
  • 夏場はディーバイクミニが熱くなりやすいので、使用前にサドルやハンドルが熱くないか確認する
以上の点に気をつけながら使用するのがいいそうです。

まとめ

ディーバイクミニの対象年齢は、1歳から2歳11ヶ月までとなります。

また乗車体重が20kg以下、身長目安が75~95cmまでとなっているので、この範囲を超えてしまったらディーバイクミニを卒業するようにしましょう。